RHELを定期的にアップデートする際の課題と対策

Jun 9, 2019 | Publisher: moriwaka | Category: Technology |  | Collection: Red Hat | Views: 3 | Likes: 1

Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 1 RHEL を定期的にアップデートする 際の課題と対策 2018-05-07 Red Hat K.K. Solution Architect 森若和雄 Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 2 このスライドの位置づけ ● 対象 : RHEL を運用している管理者の方 ● 目的 : RHEL を定期的にアップデートする際に 何が課題になるかと、課題に対して利用できる 仕組みとして何があるかを紹介する Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 3 概要 ● RHEL でも定期的なアップデートは必須 ● Red Hat Enterprise Linux だけでここまでできる ● Red Hat Insights があると…… ? ● Red Hat Satellite があると…… ? ● Red Hat Ansible Automation があると…… ? Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 4 RHEL でも 定期的なアップデートは必須です ● Windows Server は定期的にアップデートしてますよね – 毎月? 3 ヶ月おき? ● 同じことを RHEL だとやっていない・できていない お客様が沢山います – 「インストールした時点の最新で」「はい」 「 5 年経ちました……」「はい……」 ● RHEL でも定期的なアップデートは必須です Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 5 アップデートを実施する際の課題 ● 更新情報を含むインベントリ管理 : 適用するべき修正がどのシ ステムにどれだけ存在しているか、作業に抜け漏れはないか ● 優先順位の設定 : どのアップデートはすぐ対応するべきか、ど のアップデートは定期更新でいいのか ● 更新パッケージの入手 : インターネットに接続していない場合 はどうやって入手するのか ● リポジトリのバージョン管理 : テスト環境でテストしたパッ ケージだけを本番環境で利用したい ● 複雑な更新手順の実施 : アップデート手順が複雑なので実施に 必要な工数が大きすぎる Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 6 Red Hat Enterprise Linux だけで ここまでできる Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 7 課題 : インベントリ管理 ● 現状把握や作業の抜け漏れ予防のためインベント リ管理は必須 – システムそれぞれにどのパッケージが含まれているか – 適用するべき修正がどのシステムにどれだけ存在して いるか ● Red Hat Customer Portal – 登録したシステムに対して適用可能な errata 一覧やサマリを表示 – 登録したシステムに該当する新しい errata が出荷されるとメール で通知 Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 8 Customer Portal によるインベントリ管理 物理サーバ 仮想マシン ハイエンド サーバ デスクトップ アップデート情報 最新パッケージ Customer Portal はインベントリ情報として各システムの基本 的な情報と導入されている製品・パッケージの情報を管理。 登録したシステムでは yum コマンドによりパッケージそのも のと、 errata などのメタデータを取得できる。 customer portal Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 9 subscription-manager での登録 subscription-manager はシステム、サブスクリプション、リポジト リの登録・対応づけを管理するコマンド。 # subscription-manager register → システムを登録 # subscription-manager attach → システムにサブスクリプションを 対応づけ # subscription-manager repos → リポジトリの利用有無を設定 customer portal システム サブスクリプション register attach リポジトリ repos Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 10 対応する errata だけを表示 / 通知 全 errata 情報 各ユーザの 登録システム 導入 rpm 情報 導入されている rpm を更新する errata のみ 抽出 システムに対応する errata Web で表示 メールで通知 Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 11 customer portal での errata 確認 https://access.redhat.com/management/errata errata の 種類と重要度で 絞り込み 影響を受ける システム台数 Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 12 customer portal でのシステム確認 https://access.redhat.com/management/systems 各システムについて 適用可能なセキュリティ fix バグ fix, 機能拡張の数 Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 13 課題 : 優先順位の設定 ● 対処するべき脆弱性や設定の問題などは多数存在する → 各修正作業に優先順位を設定する必要性 – 問題の重大さ、システムの可用性要件、被害にあった場合の深刻さ等 ● CVSS スコア – 脆弱性に対する 10 点満点の評価。攻撃に利用できる経路や攻撃の難し さなどで点数が決まります。 Red Hat の脆弱性情報には CVSS スコア が含まれます。 ● errata の重大度 – セキュリティ問題についての errata は Critical, Important, Moderate, Lowの 4段階に分類されています。 Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 14 脆弱性データベース内での表示 この脆弱性の重大度は Important CVSS v3 では 10 点満点中 7.8 点 問題の概要 Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 15 customer portal での重大度表示 セキュリティ fix のみ Critical, Important, Moderate, Low の 4 段階で評価 https://access.redhat.com/downloads/content/69/ver=/rhel---7/7.4/x86_64/product-errata Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 16 各システム内での確認 ● yum updateinfo – errata の数と種類を表示 ● yum updateinfo list – 該当する errata とパッ ケージのリスト Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 17 各システム内での確認 ( 続 ) ● yum updateinfo info – 該当する errata の説明表示 Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 18 課題 : 更新パッケージの入手 ● Red Hat Customer Portal – yum コマンドへ更新情報やパッケージを供給 ● cdn.redhat.com への接続が必要 – ダウンロードページから rpm パッケージを入手 ● 自動的に依存関係を解決してくれないので煩雑 – reposync コマンドによるリポジトリの同期 ● reposync を実行するシステムに対応するリポジトリを 同期可能 Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 19 yum コマンドでのダウンロードと インストール ● 「 yum update 」コマンド – システムに含まれているパッケージ全てを最新へ更新 – 依存関係解決を行い、必要になったパッケージを追加 ● 「 yum update パッケージ名」コマンド – 指定した特定のパッケージを更新 – 依存関係解決を行い、指定したパッケージを更新する ために必要なパッケージを同時に更新・追加 Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 20 yum コマンドでのダウンロードと インストール ( 続 ) ● 「セキュリティ fix が出ていれば適用したい」 – yum update --security ● 「特定の CVE に関連する修正を適用したい」 – yum update --cve CVE-2008-0947 ※RHEL 6 以前では yum-plugin-security パッケージのインストールが必 要です (https://access.redhat.com/ja/solutions/207493) Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 21 customer portal でのダウンロード 各パッケージを ダウンロード Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 22 reposync でのローカルミラー作成 ● subscription-manager で登録後、そのシステ ムで利用可能なリポジトリを reposync コマン ドでミラーできる – 例 : reposync -r rhel-7-server-rpms ※詳しくはナレッジベース「 How to synchronize repository on system registered to CDN via subscription-manager 」を参照 https://access.redhat.com/articles/1355053 Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 23 Red Hat Insights があると…… ? Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 24 Red Hat Insights とは ? ● Red Hat のプロアクティブなシステム分析サービス ● 定期的に情報を収集して重大な問題や設定の問題を検出 ● 問題の説明、対策方法を含むレポートを生成 – 存在する場合にはアップデート以外のワークアラウン ドも提示 Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 25 Insights は何が嬉しいの ? ● レポートで問題につながる予兆を把握する – 受け身で緊急対応するのではなく計画的に対応 – 既知の問題に対する状況を可視化 ● Red Hat の最新の知見を反映したルール – 典型的な問題を回避 – ごく最近知られるようになった問題も検出 ● 具体的な対処方法を含むため対策しやすい – 対策用の Ansible Playbook を提供 Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 26 課題 : 優先順位の設定 ● Red Hat Insights の Actions( 問題の予兆と対 策 ) には優先順位を決めるために必要な情報を 含む – 問題が発生した場合のインパクトの大きさ – 問題の発生する可能性 – 上記 2 つを踏まえたリスクの大きさ – 対策の実施にどの程度リスクがあるか Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 27 Red Hat Insights の出力例 ● 必要な対処を分類して表示 – リスクの高さ – 何に影響するか ( セキュリティ、パフォーマンス、 可用性、安定性 ) ● 分類毎の表示 ● 各対処の詳細を表示 Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 28 Critical な問題だけを表示 Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 29 この問題の詳細を表示 Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 30 SSH サーバの設定変更を 推奨 Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 31 Red Hat Satellite があると…… ? Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 32 Red Hat Satellite とは ? 物理サーバ 仮想マシン ハイエンド サーバ デスクトップ アップデート情報 最新パッケージ 構成情報収集 パッケージ & 設定 Red Hat Satellite は構内にサーバを構築し、インターネット接続 がない環境でも Customer Portal 相当の機能を提供する他、サー ドパーティ rpm パッケージの配布、リポジトリのバージョン管 理、リモートコマンド実行などの追加機能を提供します。 customer portal Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 33 課題 : 更新パッケージの入手 ● Red Hat Satellite Server – 製品、バージョン、アーキテクチャをあらかじめ指定し てリポジトリを定期的に同期 – インターネット接続がない Satellite Server のため ISO イメージ形式で更新データを配布しています ( 不定期 ) ● 別システムで ISOイメージをダウンロード後、 USBメモリや DVD-R などでデータを持ち込む – 同期用 Satellite Server から、インターネット接続がな い Satellite Serverへパッケージ同期する仕組みも提供 Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 34 Satellite でのリポジトリ同期 Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 35 課題 : リポジトリのバージョン管理 ● 「テスト環境でテストしたパッケージだけを本番環境に適 用したい」 – 問題になるケースの例 : ● 7 月 10日にテスト環境を構築し、約 2週間テストを行う ● 8 月 15日にテスト環境と同じ手順でアップデートを実施 → 全く同じ手順を実施したが yum update コマンドで更新される内容 が異なる。よく調べてみると 8 月 1日に新しい修正が出荷されていた。 ● Red Hat Satellite – リポジトリのスナップショットを作成し、各システムがどの世 代を参照できるかを管理する Content View機能を提供 Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 36 リポジトリのバージョン管理 「このパッチ当てても大丈夫?」 検証環境向け リリース (QA) 本番環境向け リリース (Prod) ver 1.0 - 2015-04-01 時点の 最新パッケージ ver 2.0 - 2015-04-01 時点の 最新パッケージ - kernel は 5/1 時点の 最新のものを利用 ver 3.0 - 2015-04-01 時点の 最新パッケージ - kernel は 5/1 時点の 最新のものを利用 - VENOM 対応追加 編集用 ライブラリ ver 2.0 - 2015-04-01 時点の 最新パッケージ - kernel は 5/1 時点の 最新のものを利用 ver 3.0 - 2015-04-01 時点の 最新パッケージ - kernel は 5/1 時点の 最新のものを利用 - VENOM 対応追加 ver 3.0 - 2015-04-01 時点の 最新パッケージ - kernel は 5/1 時点の 最新のものを利用 - VENOM 対応追加 Publish New Ver. Publish New Ver. Promote Promote Promote アップデート適用 アップデート適用 アップデート適用 → レポジトリ(コンテンツビュー)のバージョン管理で、   アップデート検証〜本番適用のワークフローが明確に NG! OK! NG! OK! OK! 太 鼓 判 Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 37 本番環境 テスト環境 リポジトリのバージョン管理 イメージ図 Satellite コンテンツ同期 ● パッケージを同期 ● 各サーバのインベントリ ● コンテンツのバージョン管理 3. yum コマンドで アップデート パッケージの 提供タイミングは 基本的に「なるはや」 1. 任意のタイミングで リポジトリにバージョン付与 ver. 13.0 ver. 15.0 2. 各環境へ バージョンを 割り当て 4. テストした 内容で アップデート Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 38 コンテンツビュー管理画面 Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 39 Insights と Satellite は重複する ? ● 「必要なソフトウェア更新を検出する」点では重複 – Satellite は網羅的に、 Insights は重要なものだけ ● Satellite はインベントリ管理や、パッケージ配布など の機能をもつ、 rpm パッケージを基盤とする運用ス イートです ● Insights はソフトウェアの更新だけでなく、設定の問 題や ISV 製品との競合、統計情報等も参照したリスク 検出を行います Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 40 Red Hat Ansible Automation が あると…… ? Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 41 複雑な更新手順を確実に再現したい ● 複雑なシステムでは単純に「全システムで yum update を実行して完了」では済まない – 前後に手順が必要:事前にバックアップ作成、ロード バランサ切り替え、クラスタからの除外・再参加など – 制約条件:同一クラスタ内では同時に 1台しか停止し ないなど ● アップデートに工数がかかると実施が難しくなる →自動化による対策が有効 Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 42 Red Hat Ansible Automation ● 様々な OS 、ネットワーク機器、仮想化基盤、 クラウドなどを操作することが可能な自動化エ ンジンと管理ツール ● 典型的な操作や制約条件を直感的に記述できる 記法 ● テスト環境で確立したアップデート手順を再現 Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 43 vCenter Ansible Tower による更新の例 1. アップデート前に VMware で VMのスナップショットを作成 2. クラスタに属するシステムを 1 台ずつ yum でアップデート log 4. Ansible Tower で各ジョブの成功・失敗、ログを確認 playbook 3. エラーが発生したら更新を 中止しスナップショットへの ロールバックを実施。 Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 44 Satellite + Ansible イメージ図 Satellite コンテンツ同期 コンテンツのバージョン管理により タイミングによらずテストしたものと 同じリポジトリを提供 インベントリ管理により抜け漏れ防止 テストしたものと 同じ操作を実行 インストール・ アップデート 任意タイミングで 社内用バージョン作成 更新指示 インベントリ情報同期 Playbook Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 45 Insights+Satellite+Ansible イメージ図 Satellite インストール・ アップデート・ 定期的な情報収集 Insights は Satellite に統合 更新・対策を 指示 最新のリスクと 対処法をレポート Playbook 例 コンテンツ同期 & Insights バックエンド Playbook 46 プラン 以下を決める : 対策対象 完了日時目標 準備項目 対策手順 障害など Satellite 定期更新 優先度確認 調査 新 errata 対応不要 3 ヶ月経過 定期更新 より前に 更新が必要 テスト CV 作成 Playbook 作成 テスト環境で CV 割り当て Playbook 試験 回帰テスト等 実施 CV 割り当て Playbook 実行 更新以外の 対応が必要 イベント源 定期更新を中心とした更新 Insights 新 Action Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 47 まとめ : 課題と製品の対応表 カスタマー ポータル Insights Satellite Ansible 更新情報を含むイ ンベントリ管理 OK N/A OK N/A 優先順位の設定 脆弱性のみ 全アクションに リスク情報 脆弱性のみ N/A 更新パッケージの 入手 OK N/A OK N/A リポジトリのバー ジョン管理 N/A N/A OK N/A 複雑な更新手順の 実施 N/A Ansible Playbook例を 提供 N/A OK Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 48 まとめ ● Red Hat Enterprise Linux でも定期的なアップデート は必須です ● Red Hat Enterprise Linux だけでもある程度管理でき る仕組みを提供しています (Customer Portal) ● Red Hat Satellite はインターネット接続がない環境や リポジトリのバージョン管理が必要な場合に有効です ● Red Hat Ansible Automation でアップデート手順を 自動化することで実施しやすくなります

Comments

You must log in to comment

×

Modal Header

Modal body